2017年05月29日

ミナミの帝王 萬田銀次郎の生い立ち

ミナミの帝王 萬田銀次郎の生い立ち

いつも派手なスーツと黒いサングラスを着こなしベンツを
始めとした高級車をいつも乗り回している萬田銀次郎

またミナミの高利貸し・萬田金融を経営する。
貸した金は手段を選ばずきっちり回収することから、
通称・ミナミの鬼と呼ばれる。

しかし、ヤクザも一目おく萬田銀次郎だが、幼少期は裕福な
幸せな家庭育つ、ところがバルブ絶頂期に父親の経営する

建設会社が商事会社社長・阿久津天勝の罠にはまり百億以上の
負債を抱えてしまい父親、母親共にそれが原因で自殺してしまう

不幸のどん底から這い上がった萬田銀次郎は異常なまでに金に
執着するが、これは幼少期に借金が原因で両親を失った悲しみと

同時に両親を自殺まで追い込んだ”金”が時に虚しく感じながら
皮肉にも金にまつわる生業を選ぶ。

そんな萬田銀次郎に次々に訪れる修羅場を乗越えながら生きていく
ハードボイルドがミナミの帝王 萬田銀次郎なのだ






posted by ミナミの帝王 竹内力 at 07:08| ミナミの鬼 萬田銀次郎とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。