2017年04月27日

難波金融伝・ミナミの帝王とは

漫画ゴラクで1992年連載開始され、原作は天王寺大、
作画・郷力也。現在も連載中の息の長い作品だ。

水戸黄門のように1話完結作品で、貸した金は地獄まで
取り立てに行くが非常さを兼ね備えながらも実は、人情に
厚く男気を貫くストーリーがここまで長続きしている要因の一つ。

また、ミナミの帝王では金融業界の難しい用語やグレーな部分の
分かりにくい金融用語も分かりやすく解説してくれるのですんなり
と理解できる

ミナミの帝王の主人公 萬田銀次郎のキャラに竹内力がぴったりと
はまり、竹内力なしではミナミの帝王の人気はここまでには、
ならなかっただろう
posted by ミナミの帝王 竹内力 at 10:18| 難波金融伝・ミナミの帝王とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。